研究職からの転職

こんにちは、Moogleです。

今回は、Peingで頂いた「研究職の転職タイミング」についての記事になります。私は製薬業界のことしか分からないので、他分野では状況が異なるかもしれないので悪しからずご了承ください。

折角なので研究職→研究職だけでなく、研究職→他の職種についても少し書きました。今回はあくまで、タイミング・きっかけに焦点を絞った短い記事になります。

研究職→研究職

他社に変わるタイミングとしては、幾つかの仕事を纏めることが出来てからだと思います。特許や論文、学会発表など、他者に自分が何者かを示せる功績を複数作ってから出られるのが良いです。実際に、転職時の面接などでも具体的に自分が行ったことを話せると良いですよね。

博士学位を持っていない場合は、まずは現職で博士を取ることを自己研鑽の目標にして邁進されると良いと感じます。転職後は、もちろん前職の研究を引き継げるわけもなく、完全に研究はゼロからのスタートになります。また、転職後に論文を書く、学位を取るとなっても、長年勤務されている生え抜きの研究員が優先されがちなのも想像に容易いです。

何はともあれ「転職先でガッツリ戦える自信」があれば、他社へ行っても問題ないでしょう。

研究職の案件は多くないので、ある程度、自分のお仕事に目途が立てばアンテナを張るのがよいとは思います。最近は流動性が高まっているのか、バイオテックが増えているのか、研究職の案件はちらちら見かけられる印象です。

研究職→メディカルアフェアーズ

最近、あるある案件ですね。私もこれに当てはまります。私の場合は、前社が心底嫌いになったのもありますが、「研究だけではなくて視野を広げたい」と思ったのが転職のタイミングになりました。そうしたときに、研究のバックグラウンドを活かしてキャリア構築できる部署の1つがメディカルアフェアーズ(MA)になります。「研究ばかりじゃなく視野を広く持ちたい(が少し研究にも関わりたい)」と思われた時がタイミングになるかもしれませんね。

「この心持ちのまま創薬研究するのは自己満足では?」とも思ったりしてました。もう少し生の声を聴いてみたい、と。メディカルアフェアーズの業務内容は会社に依る(毒)ので、色々情報収集して会社やポジションを選択されるのは基本ですが、マッチしたポジションに収まると学びも多くて、研究職に居た時よりも格段に考えが広がり成長します。その反面、嫌な部分もたくさん見たり聞いたり体験するので、ストレス耐性が求められます(笑)。

MAへ移るときは、わざわざ他社ではなく自社内もあり得ます。会社を移ると色々なストレスに曝されますし、昇給や有給などもリセットされるので、まずは自社内のポジションを探されるのも1つの手段です。

研究職→事業開発、コンサル、VC

これも最近は多いパスウェイになりますね。ポジション数は多くないのですが、よく聞くようになっています。ビジネスに興味を持っていて、今後は経営やマーケティング、事業開発などへのキャリアを考えられてる方々が行かれているように思います。

「研究に未練無し!」で、ビジネスに興味ありであれば、とても良いパスだと思います。ただ、もし未練が無くなっても直ぐに転職活動するのではなく、一度、社内公募やMBA修得など、現ポジションでビジネスを学べるかを検討してみても良いと思います。仕事が変わると途端に余裕がなくなるので、余裕があるときに出来る学びはその時にされると効率的だろうな。と思いました。

まとめ

昨今、製薬業界はリストラリストラで、自分のキャリアや会社を悲観して外に機会を求めがちです。

が、一歩留まって、まずは自分やご家族の将来を考えることは大事なんだろうなと、最近、切に思いました😎