これからのMSLのあり方(私見.ver1)

こんにちは、Moogleです😎

もはやブログをしていたことを忘れていたほどの勢いで更新しておりませんでした。どうしてもブログの優先度が低く、睡眠を最優先にして生きている関係で、更新までひと夏超えそうになってしまいました🤗

今の生活(子x2との生活、家事、仕事…)で、同ブログを何に活用しようかと考えTwitter140字で書けないことをブログに書こうと思いました。ということで、これからの記事は低ボリューム予定です。

さて、今回は、将来的なMSLはどうなっていくのか。完全に私見ですのでご容赦下さい。
(後日の記事で少しずつ深めていく予定です)

MSLの現状

MSLの業務は、「中立的な立場で情報提供をし、サイエンティフィックな議論を医師と行い、インサイトを収集する」のが主業務になるはずです。各社Job discriptionや解説HPなど見てもそのような”バクっ”とした表現で終始しており本当に中身が分からない(つまり各社様々な)仕事になってしまっている現状です(と個人的には思います)。

中立的な立場

メーカーに所属している限りほぼ不可能です。自分たちが如何に中立ですと主張しても、クライアント側から見たら「いやいや所詮メーカーの人間でしょ?」となります。どうしても自社の利益に最終的につながるような活動が重視されるのは仕方ないと思います。そのためセールスやマーケティングとも遠い距離も取れず…皆さん苦労されている点です。

サイエンティフィックな議論

クライアント側からみると、別に議論を求めてないケースも多々あり、勝手にこちらが議論をふっかけているケースも多いかもしれません。インサイト収集がメインであれば、その目的に応じた議論の振り方があるのですが、それだと本当にMSLがしなければならないの?実際はMRさんの方がインサイト収集は得意なのでは?とも最近感じたりもします(適応内使用に限りますが)。

MRさんとの違い?

正直、私の中では適応外や開発品に触れるために便宜上、組織構造的にセールスから切り離されたと”される”メディカルアフェアーズ(MA)という意識です。適応内の話であれば(内容によりますが)、MRさんの方が的確に情報収集していただけることも多いのかなぁと思います。何よりKOLマネージメントが抜群なので、私のような人間がやるべきでない…とつくづく思います。

MSLのRoleはR&DとMAに。

ということで、MSLの職務(フィールドでの研究者、医師とのコンタクト業務)については、R&DとMAの両方においたら良いと思います。

R&D

開発品や大きく適応を外れた利用、または実際の創薬研究内容について、KOL(臨床、基礎含め)と議論して、開発品についてインサイト収集、R&D困りごとの解決、新しい研究の種探し、研究サポート(主に基礎)など。研究開発職の次のキャリアパス。国内に研究所を持っている企業であれば、このような1次情報から新しい研究が始まる可能性も多いと思います。

MA

適応外・適応内使用に関するインサイト収集、KOLマネージメント、医師主導の臨床研究などのサポート・マネージメント。MRさんの次のキャリアパス。市販後の製品に関係するとどうしてもセールスとは切っても切れないですし、下手なことをすると本当に売上に直結してしまいます。顧客対応に慣れている方々の方が良いインサイト収集なりKOLマネージメントが出来るのではと思います。

まとめ

状況が刻一刻と難しくなってきており、スパッと構造改革をしたほうが良いのではないかと思っています。そのときに、MRさんや研究開発職の人たちのキャリアパスを考え各々のバックグラウンドを活かした組織割というのも1つの考え方に入れても良いのかなと思い記事にしてみました。引き続き本ネタについては考えていきたいと思います🤔

MSL

Posted by moogle-phc