民間企業で学位(博士)は必要なの?

こんにちは、Moogleです。

私は薬学研究科修士課程を卒業後、ご縁があって内資系製薬企業に入社いたしました。
(その辺の経緯もいつかは記事にしてみようと思います)

薬学修士をもった状態で、私は会社での研究人生をスタートしました。日本は博士号がなくても民間企業の研究所で研究実務(≠テクニシャン)に従事することができます。しかし、これから修士で就職される方・就職して間もない方は「博士号」について気になることも多いかもしれません。
私が持つ印象から他人には聞きにくい(?)博士号の取り方まで紹介したいと思います。

国内の製薬企業研究所で博士号は必要か?

正解のない質問かと思います。1社目で沢山の方々とお仕事させていただきましたが、社内でお仕事する限りは博士号の有無は関係ないと感じました。実際に持っていると思っていて持っていなかったり、逆も然り。優秀な人・仕事のできる人は学位など関係なく活躍されていました。

では、国内での状態を見てみましょう。他社の研究者さんと協業するとき、大学の先生方と協業するとき、博士号は・・・あまり関係ありません。他社さんも先生方も日本の状況よく理解されてますので、基本的に博士号の有無で先方の対応が変わるということは幸運にも経験したことはありませんでした(私の場合)。

博士号の必要性はいつ感じるの?

では、博士号はいつ必要に感じるのか?それは、おそらく海外の研究者と接したときに感じることになるかもしれません。状況によりますが、おおよそ入社数年後に海外学会へ行く機会が与えられることが多いと思います。学会等でポスター発表の演者らとお話する際に、名刺を差し出した時には博士号の有無は見られているように強く感じました。

私の体験では、対面で話しているときはいいのですがメールで連絡を取るとまずお返事もらったことがありません(苦笑)。たまたまなのかもしれませんが、上司にも海外(社内外含め)とのやり取りが増えると、博士号は持っておいたほうが良いよ、とアドバイスされました。

さらに昨今、国内の製薬企業は海外の研究機関、バイオテック、CROとお仕事することも爆発的に増えている状況もありますので尚更、「資格」としての博士号は必要になっていくかもしれませんね。

博士号、どう取れば良いのでしょうか?

取り方はいくつかあります。

  1. 論文博士を狙う
  2. 共同研究などで出向(論文博士 or 博士後期課程)
  3. 博士後期課程へ入学

この3つが主な手段かと思います。お手元に筆頭著者の論文が複数お持ちでしたら、1または3でしょうか。学位申請に使える論文があるかどうかが1つのポイントになるように思います。

論文博士

研究所に居られる読者さんの上司についても論博の方、比較的多いのではと思います。ただ状況は大きく変化し今はなかなか難しくなってきています。恩師の先生や、先輩等を辿りながらお世話いただける大学と先生に辿り着く必要があります。修士までの恩師にお願いするのがシンプルなのですが、シンプル故いろいろと難しいことも多いのも事実。私の場合は、母校の規定(指導教官との共著数報以上など)が厳しすぎて断念しました。

共同研究などで出向

これは意外に穴場です。とくに、出向かつ博士後期課程に入学出来たりすれば一番良いのですが・・・育成目的の共同研究にもなるので、会社のお懐事情やタイミングからしても狙うことは厳しい印象もあります。

博士後期課程へ入学

シンプルかつズバリの方法。課程博士になります。が、なかなか厳しいのも事実。指導教官の先生には自身が社会人であることを理解していただかなければなりません。恩師の先生や知人を辿るか、もしくはズバッと興味のあるラボへ入学するかです。

伝手も使い尽くしても先が見えず途方に暮れた場合は、たとえば、筑波大学や東工大などの社会人枠をお考えいただくのもオススメです。
筑波大学: http://www.souki.tsukuba.ac.jp/
東京工業大学: https://www.titech.ac.jp/graduate_school/admissions/adult.html
定期的に説明会もされているようなので、まずは初めの一歩としてご参加されてはいかがでしょうか。

まとめ

いろいろ書いてみました。おそらく修士卒で研究所に入られた方はこの苦悩は持っておられる方が多いと思います。博士号お持ちの方からすると、「足の裏の米粒」と言われて意味ないよ。なんて話も聞きます。が、ご自身が気にされている以上、取るためのアクションをとるに越したことはありません。またその過程で多くの学びがありますので、取れるならチャレンジして損はないと私は思います。中長期のご自身の目標としても良いかもしれませんね(私はそうしてます)。

若手の方はどしどし論文書きましょう。民間企業での論文の書き方については、私の2社の経験・状況を踏まえて別記事にしてみたいと思います。

Take home message:

  • 修士で就職してからも博士号は取れます。
  • 主な手段は、伝手を駆使 or 博士後期課程に入学。
  • 何よりもまず社内の自分の研究テーマを論文化することを心がけましょう。

(ご参考情報)
論文博士の機会が減少し、社会人学生の枠が増えてきている根拠のようです↓

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/attach/1407792.htm